漢方基礎講座

はじめに

漢方の治療というのはきわめて単純明快なものです。
もともとが三千年も前に考え出された手法が修正・発展してきたものですから、原始人が作ったと言っても良いほど、その基礎は単純です。
ある病気にかかった人がいて、その病気は温めれば治るのか、冷やせば治るのか、何かを足すのか、何かを取り除く事で治るのかと言うことだけです。
治癒の方向と、過不足で捉えうる病因、そして病の位置、深さ。これが漢方治療の根幹です。
我々は子供の頃から、学校での教育により、ある科学的な思考法を植え付けられて育ってきています。 そしてその科学を絶対的なものと信じてきています。
しかし、よく考えてみて下さい。我々は命というものを何処まで理解しているでしょう。人体のことを何処まで解明しているでしょう。 宇宙の何を理解しているでしょう。
科学は一つではありません。 普段用いている科学的思考とは別の思考法に気づいたとき、ぐっと漢方の理解、人の健康とはどういうものかを知る力を手に入れることが出来ます。
自分の体の声にじっと耳を傾けて下さい。慣れしたいんだ科学的思考を捨て、原始人になったつもりで率直に感じ取って下さい。 本当の痛みがどこから来るのか、治癒の方向を見ているのか、 科学的思考のために雑多な情報に埋もれ、何も感じ取れなくなっている状態が一番危険です。
治癒の方向へ体を向かせること、これが漢方で出来ることです。

 

・基礎理論

 

・方剤学

 

・生薬学

コメントを残す