大建中湯

大建中湯 だいけんちゅうとう
出典:金匱要略
組成:蜀椒、乾姜、人参、膠飴
八綱弁証:裏寒虚 六淫:四傷:六経:太陰病 温病論:営分 三焦:中焦
方剤帰経:
臓腑弁証:脾胃虚寒、疝痛
治法:温中散寒、解痙止痛、補気健脾
適応症:腸疝痛、腎石発作、イレウス、腸管蠕動不安、慢性大腸炎、慢性腹膜炎

OTC漢方薬エキス剤の効能効果:体力虚弱で,腹が冷えて痛むものの次の諸症:下腹部痛,腹部膨満感
医療用漢方エキス剤の効能効果:腹が冷えて痛み、腹部膨満感のあるもの

解説:問題の多い大建中湯です。問題と言っても処方自体に問題があるわけではありません。使われ方の問題です。おそらく興味本位で始めたのでしょうが、ろくに勉強もせずに妙に漢方薬の信奉者になった医者がメーカに言われるままに、鵜呑みにし全く見当はずれの使い方をしていることが少なくなく、特に大建中湯の使われ方は酷いですね。通常人間はお腹が冷えると下痢をします。冷たいものを摂り過ぎてお腹を壊した時をイメージしてもらえばわかると思います。大建中湯に使う蜀椒は大熱の性質です。強力にお腹を温めます。附子は慢性的に冷えているお腹を温めますが、蜀椒は急激に温めます。お腹は冷やすと下痢します。では温めると・・・・下痢が治る、あるいは便秘する事となります。大建中湯を慢性的な便秘に処方する医師が多く見かけます。ある病態における便秘に大建中湯が効果があることはあります。それは腸管が急激に冷え蠕動障害を起こしたり腸閉塞のような状態で起きている便秘です。ただこの時に主治療対象は腹部の張り痛みであって便秘は2次的な話ですね。お腹が冷え続けると腸の運動が低下し便通の障害は起きてきます。基本的に年寄りや便秘薬の常習者に多い状態です。ただ、この場合でも血流回復が第一ですから当帰建中湯や潤腸湯あたりが先に考えられるでしょう。大建中湯自体は出番の少ない処方だと思います。張りと痛みを治す薬ですから。もし便秘というだけで大建中湯を出す医者に遭遇したら、そこではもう漢方薬は貰わないほうが良いでしょう。

販売メーカー
OTC:コタロー
医療用:コタロー、ツムラ

胃腸の症状でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す