真武湯

真武湯 しんぶとう
出典:傷寒論
組成:附子、芍薬、白朮、茯苓、生姜
八綱弁証:裏寒虚 六淫:湿 四傷:六経:少陰病 温病論:営分 三焦:下焦
方剤帰経:
臓腑弁証:脾腎陽虚、水泛
治法:温陽利水

OTC漢方薬エキス剤の効能効果:生気がなく疲労倦怠感がいちじるしく胃部に水分停滞感がありめまいや動悸あるいは腹痛や下痢あるいは小便不利などのあるもので手足冷えやすく四肢沈重疼痛,麻痺,咳嗽注),浮腫などを伴うもの。感冒,慢性下痢,胃下垂症,蕁麻疹,慢性腎炎,血圧異常。
医療用漢方エキス剤の効能効果:新陳代謝の沈衰しているものの次の諸症:胃腸疾患、胃腸虚弱症、慢性腸炎、消化不良、胃アトニー症、胃下垂症、ネフローゼ、腹膜炎、脳溢血、脊髄疾患による運動ならびに知覚麻痺、神経衰弱、高血圧症、心臓弁膜症、心不全で心悸亢進、半身不随、リウマチ、老人性掻痒症(ツムラ)

解説
一部とは思いますが、日本漢方では異常なほどに附子を使いたがります。そうした影響でしょうか、効能を見ても分かる通り非常に幅広い適応が真武湯に与えられています。処方内容を見ての通り真武湯が持っている効果は附子により温性と利水効果です。他の生薬はその補助と言ってよいでしょう。冷えて水はけが悪い状態、典型的な症状は下痢、慢性的な下痢症です。日本の漢方薬、エキス剤の効能効果には疑問を感じるものが少なくないのですが、この真武湯は本当に酷いですね。

販売メーカー
OTC:ウチダ
医療用:ツムラ、コタロー、サンワ

胃腸の症状でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す