小柴胡湯

小柴胡湯 しょうさいことう
出典:傷寒論
組成:柴胡、黄芩、半夏、生姜、大棗、人参、甘草
八綱弁証:裏熱虚 六淫:風 四傷:六経:少陽病 温病論:気分 三焦:上焦
方剤帰経:心・心包・胆
臓腑弁証:肝鬱化火
治法:疏肝解鬱、清熱透表
適応症:諸種の熱性病、気管支炎、咽喉炎、中耳炎、耳下腺炎、胸膜炎等、肺炎、肺結核。リンパ腺炎、肝炎、肝機能障害、胃炎、神経症

薬局・ドラッグストアで小柴胡湯をお求めの場合は参考にして下さい!
ドラッグストアで買える漢方薬

OTC漢方薬エキス剤の効能効果:体力中等度で、ときに脇腹(腹)からみぞおちあたりにかけて苦しく、食欲不振や口の苦味があり、舌に白苔がつくものの次の諸症:食欲不振、はきけ、胃炎、胃痛、胃腸虚弱、疲労感、かぜの後期の諸症状
医療用漢方エキス剤の効能効果:体力中等度で上腹部がはって苦しく、舌苔を生じ、口中不快、食欲不振、時により微熱、悪心などのあるものの次の諸症:諸種の急性熱性病、肺炎、気管支炎、気管支喘息、感冒、リンパ腺炎、慢性胃腸障害、産後回復不全
2. 慢性肝炎における肝機能障害の改善

解説
単独では気管支炎の発熱、肝機能障害、胃炎など呼吸器・上部腹腔臓器の炎症性疾患で自覚症状の少ないものに用いるのが基本と思われます。実践的には多くの場合は他の処方との組み合わせ、派生方剤によって用いた方が効果的な方剤です。例えば呼吸器疾患であれば厚朴・紫蘇葉を加え、胃炎による胃痛が強ければ芍薬・桂枝を加えるといった使い方です。また小児の感冒による発熱には劇的に効果を発揮することを何度か経験しています。

販売メーカー
OTC:ウチダ、エスエス、コタロー、ツムラ、東洋、三和、タキザワ、松浦、シンワ、クラシエ、イチゲン
医療用:クラシエ、コタロー、三和、ジュンコウ、オースギ、ツムラ、テイコク、松浦

肝炎・膵炎の症状でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す