七物降下湯

七物降下湯 しちもつこうかとう
原方:大塚敬節
組成:当帰、川芎、芍薬、地黄、釣藤、黄耆、黄柏
八綱弁証:裏寒虚 六淫:湿 四傷:六経:厥陰病 温病論:血分 三焦:下焦
方剤帰経:
臓腑弁証:肝陰虚
治法:滋陰平肝
適応症:めまいふらつきを伴う動脈硬化症、脳梗塞・脳出血の後遺症

薬局・ドラッグストアで七物降下湯をお求めの場合は参考にして下さい!
ドラッグストアで買える漢方薬

OTC漢方薬エキス剤の効能効果:体力中等度以下で、顔色が悪くて疲れやすく、胃腸障害のないものの次の諸症:高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重)
医療用漢方エキス剤の効能効果:身体虚弱の傾向のあるものの次の諸症:高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重)

解説
大塚敬節氏自身が倒れられた後にお作りになった処方とされています。高血圧及びその随伴症状に対する漢方薬として広く知られていますが、処方内容からして高血圧によろしいとは全く考えられません。川芎、黄耆の二味を加えている時点で血圧を上げることはあっても下げることはないでしょう。肝血虚に起因する高血圧というのは寝たきりの高齢者に限定されるでしょう。脳梗塞、脳卒中等の後遺症による頭痛や耳鳴り、めまい等には効果があるかもしれません。

販売メーカー
OTC:ウチダ、クラシエ、タキザワ、松浦
医療用:東洋、オースギ、ツムラ、松浦

高血圧でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す