柴胡桂枝乾姜湯

柴胡桂枝乾姜湯 さいこけいしかんきょうとう
出典:傷寒論
組成:柴胡、黄芩、桂枝、瓜呂根、乾姜、牡蠣、甘草
八綱弁証:裏熱虚 六淫:四傷:六経:少陰病 温病論:営分 三焦:下焦
方剤帰経:
臓腑弁証:肝鬱化火、津虚
治法:疏肝解鬱、生津潤燥、安神
適応症:神経症、胃腸神経症、不眠症、更年期障害、肝機能障害、慢性気管支炎、自律神経失調症、神経性心悸亢進症

薬局・ドラッグストアで柴胡桂枝乾姜湯をお求めの場合は参考にして下さい!
ドラッグストアで買える漢方薬

OTC漢方薬エキス剤の効能効果:体力中等度以下で、冷え症、貧血気味、神経過敏で、動悸、息切れ、ときにねあせ、頭部の発汗、口の乾きがあるものの次の諸症:更年期障害、血の道症、不眠症、神経症、動悸、息切れ、かぜの後期の症状、気管支炎
医療用漢方エキス剤の効能効果:体力が弱く、冷え症、貧血気味で、動悸、息切れがあり、神経過敏のものの次の諸症:更年期障害、血の道症、神経症、不眠症

解説

柴胡桂枝乾姜湯ほど誤解され間違った使い方が認められている漢方処方は他にないかと思います。効能効果にある病名・症状は本来の適応ではなく応用的に使われることもあるという程度のものです。まして冷え性に効くわけがありません。貧血というのも意味不明ですね。本来この漢方薬は風邪の治療時の誤治で悪化した症状を治す薬です。間違った薬を飲ませて酷くしてしまった風邪を治す薬です。具体的には小柴胡湯を使うような悪寒より熱感が強い熱証の風邪、感染症の際に葛根湯のような温性の解表剤を飲ませてしまった場合です。この時風邪は治らないどころか強力な発汗力のため津液は失われより熱証傾向も強まり、精神的にも異常をきたし始めます。この誤って行われた強制的な津液喪失、陰陽バランスの崩れが柴胡桂枝乾姜湯の治療対象です。この前提があって初めて効能にあるような症状を改善する効果を柴胡桂枝乾姜湯は発揮します。詳しくは“ドラッグストアで買える漢方薬”でも書いていますので御覧ください。

販売メーカー
OTC:ウチダ、コタロー、東洋、松浦、イチゲン、クラシエ、タキザワ
医療用:ツムラ、コタロー、太虎堂、テイコク、本草

自律神経の症状でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す