柴朴湯

柴朴湯 さいぼくとう
原典:日本経験方
組成:柴胡、黄芩、半夏、生姜、大棗、人参、甘草、厚朴、茯苓、紫蘇葉
八綱弁証:裏熱虚 六淫:風 四傷:痰 六経:少陽病 温病論:気分 三焦:上焦
方剤帰経:心・心包・胆
臓腑弁証:肺気逆 肝鬱
治法:理気降逆 疏肝解鬱
適応症:気管支喘息、慢性気管支炎、不安神経症

OTC漢方薬エキス剤の効能効果:体力中等度で、気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、かぜをひきやすく、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴うものの次の諸症:小児ぜんそく、気管支ぜんそく、気管支炎、せき、不安神経症、虚弱体質
医療用漢方エキス剤の効能効果:気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症:小児ぜんそく、気管支ぜんそく、気管支炎、せき、不安神経症

解説
小柴胡湯と半夏厚朴湯との合方という説明がなされることが多いと思いますし、もしかしたら柴朴湯を作った人もそう考えたのかもしれません。しかし、それでは漢方処方を理解できないし、正しい使い方が出来るはずがありません。この柴朴湯という漢方薬は小柴胡湯の変方です。用いるべき対症になる証は、小柴胡湯のそれと全く同じ熱虚証の胸部から上腹部に起きている症状に用います。小柴胡湯に厚朴、茯苓、紫蘇葉を加える事で、特に気管症状ですね、もともと小柴胡湯が持っている気管支炎や喘息への効果を強化したものとなります。小柴胡湯の派生方剤であることを理解していれば、半夏厚朴湯との鑑別を誤ることは絶対ないはずです。

販売メーカー
OTC:コタロー、東洋、タキザワ、松浦
医療用:ツムラ、クラシエ

喘息・気管支炎の症状でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す