貧血に効く漢方薬

貧血は身体に必要な酸素を運搬する血液中の赤血球が不足していることで起きる病気らしいです。赤血球が不足する原因は鉄分の摂取不足、赤血球の製造に関わる異常などいくつかあります。原因にかかわらず具体的な症状は、疲れやすく息切れや動悸がし、フラつきやめまいが起き、爪は脆くなり肌の色も悪くなります。朝起きられないなどの症状もあるようです。ただ、実際には赤血球が人より少ないのに何の症状も感じない人もいます。逆に検査の数値は正常なのに上記のような症状を常に感じている人もいます。自覚症状のない貧血を治療する必要はあるのでしょうか、数値が正常範囲ならツライ症状をほっておいても良いのでしょうか、これは現代医学の数値主義、平均と正常の混同、未成熟な治療体系と言った、ありがちな問題点の一つでしょう。さて、漢方では貧血をどう捉えているか、もちろん血の問題としてまず捉えています。血虚と言い、特に血を蓄える肝の問題、肝血虚と第一に考えます。ただ現代医学と漢方が違うのは、血の過不足を量的に捉えるのではなく、質的な点に重点をおいています。つまり血の量(赤血球数)ではなく血の働き具合に視点をおいています。特に働きの良い血のことを肝血と読んだりもします。また貧血の“疲れやすく息切れや動悸がし、フラつきやめまいが起き、爪は脆くなり肌の色も悪くなります。朝起きられない”といった症状はまさに血虚そのものです。漢方では血の機能面に重点を置きますが、それに加えて気との連携も重視します。血は気の働きによって血管内を流れていきます。気の助けなくして血は全身に栄養を届けることが出来ません。疲れやすい、ふらつく、起きられないなどの症状は気の働きの低下である気虚を表しています。

 

弁証

八綱弁証:不足しているのですから言うまでもなく虚証です。気虚を伴うために寒証が多いですが、陰虚が進んで熱証になる場合もありますが、もちろん虚熱になります。

裏寒虚証、裏熱虚証

 

 

病位:栄養的な問題から血液に関わる病気ということになりますので、

脾経〜肝経となります。

 

 

臓腑弁証:肝血虚

心脾両虚

 

処方例:

寒虚証

肝血虚

 四物湯 八珍湯 

心脾両虚

 帰脾湯 人参養栄湯

燥証 

 当帰建中湯

湿証

 当帰芍薬散

気虚血虚が深刻な場合

 十全大補湯

熱虚証

不正出血を伴う

 加味帰脾湯 

循環障害を伴う

 炙甘草湯

貧血の症状でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す