蒼朮

蒼朮 そうじゅつ

基源 キク科ホソバオケラ

部位 根茎

薬効 発散、健胃、利尿、鎮静、去風湿(外湿)

薬性 温 泻 燥 升 散

臓象 脾土 肝木

帰経 胃 脾

使用目的

1.燥湿

中焦の燥湿

湿度の多い環境や水分摂取過多などにより消化機能が障害されて生じた悪心・嘔吐・腹痛・食欲不振・下痢などに用います。

皮膚・肌肉の燥湿

滲出物の多い湿疹・びらん、湿熱による痒み発赤などに防風・荊芥・蝉退などと用います。

燥湿解表

風湿表証・風寒湿表証の頭重・悪風・発熱・身体がだるい・関節の痛み・浮腫みなどの症状に用います。

2.去風湿

燥湿と止痛の効能があるので痺証(リウマチ、関節痛)に用います。

3.健脾・運脾

消化吸収を促進する健脾の効能と蠕動を促進し食欲・消化を増進する効能があります。

4.補虚明目

夜盲症や角膜軟化症に用います。

代表方剤

胃苓湯、消風散、二朮湯、桂枝加朮附湯、越婢加朮湯

解説

白朮の項でも記したとおり、蒼朮と白朮は大変良く似た生薬です。しかし、それぞれに特徴がありますので代用すべき関係にはありません。処方によって、その使用場面によってしっかり使い分ける必要があります。もっとも明白な違いは白朮は補性、蒼朮は泻性であることです。虚証に用いる際、特に脾虚、陽虚である場合は白朮を用います。より積極的に表証の水、あるいは痛みとして現れている症状には蒼朮が有効です。一部のエキス剤では明らかに間違った配合がされています。よく調べてから服用したほうが良いでしょう。

Post navigation

コメントを残す