桂枝人参湯

桂枝人参湯 けいしにんじんとう
出典:傷寒論
組成:桂枝、人参、白朮、乾姜、甘草
八綱弁証:裏寒虚 六淫:寒 四傷:気 六経:大陰病 温病論:営分 三焦:中焦
方剤帰経:
臓腑弁証:脾胃虚寒
治法:温中散寒、健脾益気、辛温解肌
適応症:胃腸炎、口内炎、胃アトニー、心臓神経症、常習性頭痛

 

OTC漢方薬エキス剤の効能効果:体力虚弱で、胃腸が弱く、ときに発熱・悪寒を伴うものの次の諸 症: 頭痛、動悸、慢性胃腸炎、胃腸虚弱、下痢、消化器症状を伴う 感冒
医療用漢方エキス剤の効能効果:胃腸の弱い人の次の諸症: 頭痛、動悸、慢性胃腸炎、胃アトニー

解説
人参湯に桂枝が加わったもので、慢性的な胃腸のアトニー症状があるところに頭痛等の表証が加わったものが典型的な対症です。特に平素から慢性的な胃腸症状を感じていない人の感染性胃腸炎などの急性疾患にも奏功することが多いです。
販売メーカー
 OTC:タキザワ、松浦
 医療用:クラシエ、ツムラ

胃腸の症状でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す