桂枝加芍薬湯

桂枝加芍薬湯 (けいしかしゃくやくとう)

出典:傷寒論

組成:桂枝、芍薬、生姜、大棗、甘草

八綱弁証:裏寒虚 六淫:四傷:六経:太陰病 温病論:気分 三焦:中焦

方剤帰経:胃・小腸・三焦・大腸

臓腑弁証:胃風寒

治法:緩急止痛

適応症:腹痛、しぶり腹、慢性大腸炎、急性虫垂炎の初期、痙攣性便秘、過敏性大腸症候群

薬局・ドラッグストアで桂枝加芍薬湯をお求めの場合は参考にして下さい!
ドラッグストアで買える漢方薬

OTC漢方薬エキス剤の効能効果:体力中等度以下で、腹部膨満感のあるものの次の諸症:しぶり腹、腹痛、下痢、便秘
医療用漢方エキス剤の効能効果:腹部膨満感のある次の諸症: しぶり腹、腹痛

 

 

解説
 お腹が張って下痢をしている状態がこの桂枝加芍薬湯の適応です。大腸経までの下痢ですので続いていても栄養障害がない、つまり痩せたりはしない下痢です。典型的な症候が過敏性腸症候群になります。ただ、本来下痢に用いる場合だと、用いられる芍薬は炒芍薬でなくてはなりません。

 

販売メーカー
 OTC:クラシエ、ウチダ、サンワ、松浦、東洋薬行、イチゲン
 医療用:ツムラ、クラシエ、オースギ、コタロー、東洋

 

胃腸の症状でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す