桂枝加芍薬大黄湯

桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)
出典:傷寒論
組成:桂枝、芍薬、生姜、大棗、甘草、大黄
八綱弁証:裏寒実 六淫:四傷:六経:太陰病 温病論:気分 三焦:中焦
方剤帰経:胃・小腸・三焦・大腸
臓腑弁証:胃風寒
治法:緩急止痛、通便
適応症:しぶり腹、痙攣性便秘、常習便秘、慢性盲腸炎、急性虫垂炎の初期

OTC漢方薬エキス剤の効能効果:体力中等度以下で、腹部膨満感、腹痛があり、便秘するものの次の諸症:便秘、しぶり腹

医療用漢方エキス剤の効能効果:比較的体力のない人で、腹部膨満し、腸内の停滞感あるいは腹痛な どを伴なうものの次の諸症: 1. 急性腸炎、大腸カタル 2. 常習便秘、宿便、しぶり腹
解説
処方名の通り桂枝加芍薬湯に大黄を加えたものです。大黄を加える事で便秘に対する効果を加えた、あるいは強めたということになりますが、方剤全体としては大黄が加わったことで実証用となります。裏寒実証、つまり慢性疾患での寒実証ですが、実際にはかなり稀な症です。エキス剤で販売されている処方ではこの桂枝加芍薬大黄湯ぐらいだと思います。この処方が使われる場面は桂枝加芍薬湯を使うべき腹部の張り腹痛などがあり、なおかつ便秘が顕著な場合かと思います。ただ、実証でない限り大黄は使うべきではなく、寒虚証での便秘であれば燥証によるものと考えるべきで、小建中湯を用いるべき場面です。桂枝加芍薬大黄湯の使い方としては、腹部膨満感、腹痛があるような便秘に対して頓用的に一時的に用いる形かと思います。
販売メーカー
 OTC:クラシエ、ツムラ
 医療用:ツムラ
胃腸の症状でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

Post navigation

コメントを残す