甘麦大棗湯

甘麦大棗湯 (かんばくたいそうとう)
原典:金匱要略
組成:甘草、小麦、大棗
八綱弁証:裏熱虚 六淫:風 燥 四傷:六経:少陽病 温病論:気分 三焦:上焦
方剤帰経:心、心包、胆
臓腑弁証:臓燥(心血虚)
治法:養心安神
適応症:不眠症、小児夜驚症、夜啼症、ヒステリー、てんかん発作

 

OTC漢方薬エキス剤の効能効果:体力中等度以下で、神経が過敏で、驚きやすく、ときにあくびが 出るものの次の諸症: 不眠症、小児の夜泣き、ひきつけ

 医療用漢方エキス剤の効能効果:夜泣き、ひきつけ

寝付きが悪い・よく目が覚める・夢をよく見る・朝早く目が覚める・驚きやすい・不安感・悲しい・健忘・めまい・頭がふらつくなどの精神神経症状が主で、動悸を伴うことが多く顔色がさえないと言った心血虚の症状に用います。
ただ、構成生薬を見ても分かる通りコムギとナツメと甘草です。実際の反応を見てもハッキリしません。この処方が作られた時代も今とはかなり違いますので、単に心血虚と言ってもその背景には多分に栄養面の問題とかもあったのではないかと思います。

夜泣き、ひきつけでお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す