加味逍遥散

加味逍遥散(かみしょうようさん)

出典:和剤局方
組成:柴胡、芍薬、甘草、白朮、茯苓、当帰、乾姜、薄荷、牡丹皮、山梔子
八綱弁証:裏熱虚 六淫:四傷:六経:厥陰病 温病論:血分 三焦:下焦
方剤帰経:
臓腑弁証:肝陰虚、肝脾不和
治法:滋陰平肝、健脾補血、調経
適応症:更年期障害、生理不順、不妊症、湿疹、面疱、冷えのぼせ、頭痛、肩こり、生理痛、腰痛症、不定愁訴症候群、慢性肝炎、肝硬変症


薬局・ドラッグストアで加味逍遥散をお求めの場合は参考にして下さい!
ドラッグストアで買える漢方薬


OTC漢方薬エキス剤の効能効果:体力中等度以下で、のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、ときに便秘の傾向のあるものの次の諸症:冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症、不眠症

医療用漢方エキス剤の効能効果:体質虚弱な婦人で肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状、ときに便秘の傾向のある次の諸症:冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症

 

 

解説:肝の疏泄作用が失調し肝気鬱結と言う状態になり精神的にイライラしたり不安になったりという状態に陥ります。精神的な問題は肝で処理されていると考えていますので肝の働きが狂えばメンタル系の症状や、その影響を受ける身体症状が発現します。更年期障害も同じです。加味逍遥散はそうした症状を改善するわけですが、過度のストレスが肝気鬱結を引き起こすことが多く、また身体と精神のアンバランスから生じる虚熱をの状態がのぼせ感やイライラを助長します。加味逍遥散に近い用いられ方をする処方に加味帰脾湯があります。加味帰脾湯は極端な貧血状態、栄養障害状態があって精神的な症状を引き起こしている場合に用いますが、加味逍遥散の場合は身体的な問題はそこまで深刻ではなく、軽い胃腸機能の低下があり体が弱り気味でありながら気持ちだけは大変元気なために体と精神のアンバランスが顕在化し肝気鬱結を助長しやすい状態になっているのを改善します。言ってみれば加味帰脾湯は明らかに病的、病気だと自・他覚的に感じ取れるのに対し加味逍遥散は比較的健康というか、元気な感じがある人に向いているかと思います。

イライラでお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す