蜂蜜

蜂蜜(ほうみつ)

薬性 平 補 潤 降 収

臓象 脾土

帰経 肺・脾・大腸

使用目的

1.捕中

補益・健脾の効能があり、黄耆・甘草などの修治に用いられ補気の効果を強めている。

2.潤肺止咳

肺虚の慢性咳嗽に用いる。

3.潤腸通便

腸燥便秘に用いる

4.緩急止痛

腸管のけいれんを止めて鎮痛する。

5.解毒

多薬の毒性緩和に用いる。

代表方剤

瓊玉膏

Post navigation

コメントを残す