白朮

白朮 (びゃくじゅつ)

基源 キク科オケラ、オオバナオケラ

部位 根茎

薬効 健胃、強壮、止泻、利尿

薬性 温 補 燥 平 収

臓象 脾土

帰経 胃 脾

使用目的

1.補気健脾

食欲不振、泥状〜水様便、元気が無い、疲れやすい等の脾気虚の症状に用いる。

2.燥湿利水

脾の水湿の運化作用を強めて利水する。溜飲、水様便、浮腫などに用いる。

3.固表止汗

水湿を除いて止汗に働く。衛気虚の自汗、風邪をひきやすく治りにくい、疲れやすいなどの症状に黄耆とともに用いると有効。

4.その他

安胎 流産予防

去風湿 湿脾

代表方剤

人参湯、参苓白朮散、五苓散、防已黄耆湯、苓姜朮甘湯、補中益気湯など

解説

朮と言えば利水(不要な水を出す)作用目的に使われることが中心ですが、白朮の場合は補気・補陽作用に優れ、人参、黄耆とともに補気の要となります。また人参を用いるときは必ず白朮を加え、人参による浮腫を防ぎます。古い漢方書には白朮・蒼朮の区別なく、ただ朮とだけ書かれていることが多く、誤った使い分け、効果を減じてしまう用い方されている事があります。エキス剤でもツムラの六君子湯などの人参湯派生方剤においても蒼朮が使われていると言うお粗末な例もあります。確かに白朮と蒼朮の作用は似ていますが、主に白朮は補気健脾に蒼朮は燥湿利水に働きます。それから白朮は補性であり蒼朮は泻性をもちます。秀峰堂中医学研究所別館でも白朮・蒼朮の使い分けに関して書いていますので参考にしてみてください。

コメントを残す