茯苓

茯苓(ぶくりょう)

薬効利尿、鎮静、滋養

薬性 平 補 燥 降 収

臓象 腎水 脾土

帰経 肺 心 胃 脾 腎

使用目的

1.利水滲湿

消化管内や組織間の水分を除去し尿量を増すので、浮腫・腹水・下痢・尿量減少の改善を目的に用いられます。

2.健脾

健脾利水 脾気虚の食欲不振・味がない・泥状〜水様便に人参、白朮、黄耆などと用います。

利水化飲 飲(溜飲:消化管内の水分停滞)に用いる。

3.安神

動悸・不安感・驚きやすい・不眠などの症状に茯苓の安神効果を使用します。

4,その他

化痰

補腎

代表方剤

茯苓飲、五苓散、半夏厚朴湯、参苓白朮散

解説

茯苓は薬性において平であるので、熱証、寒証問わずに利水目的で用いられる汎用性の高い生薬です。寒証であれば白朮や蒼朮と、熱証であれば猪苓、沢泻と組み合わせるのが効果的でしょう。茯苓は松の根に付くキノコの一種ですが、松の根が通った部分を茯神と言い特に安神効果の強い茯苓です。ただ、現在は茯苓も上質なものが少なく安神の効能まで期待して用いることは難しいかもしれません。

コメントを残す