膀胱炎に効く漢方薬

典型的な膀胱炎は尿道から膀胱に細菌が侵入・繁殖して起きる感染性・炎症性の疾患です。細菌性であり急性の膀胱炎であれば抗生物質での治療が間違いなく一番早く治ります。
膀胱炎に対しての漢方治療が有益なのは、何度も頻繁に繰り返す膀胱炎、無菌性の神経性膀胱炎、それから抗生物質を使いたくない方々が考えられます。
もともとの膀胱炎の原因は、細菌が繁殖しやすい不潔な環境にあった場合、疲労や体力低下、寒冷などのために抵抗力・免疫力が低下など細菌の侵入を許しやすくなっていたためです。最初に上げた不潔な環境は、改善していただくしかありませんが、疲労や体力低下、抵抗力低下に関しては漢方薬での体質強化は大変有効になるでしょう。

弁証
八綱弁証

細菌感染による炎症性疾患であり、基本的に熱証だけです。
ただ、虚証の膀胱炎の場合、疲労や体力低下に起因しますので、熱証でも虚熱であり、それに沿った治療法になります。

臓腑弁証

膀胱湿熱 湿熱の邪により膀胱の気化が障害された病態

心熱下注小腸 心火が経絡を介して表裏関係にある小腸に移り、小腸の清濁を分別する機能が失調し、移った邪熱が小腸から膀胱へ及んだ病態
心火について:秀峰堂中医学研究所別館 

肝胆湿熱 肝の疏泄失調が湿熱を招いている

腎虚 腎と膀胱は表裏の関係にあり、腎虚により膀胱への外邪の侵入が容易になる


処方例

膀胱湿熱 典型的な急性膀胱炎の場合は実証なら猪苓湯、虚証なら五淋散を用います。
頻尿、尿意促迫、排尿痛、排尿困難、残尿感、尿の混濁、血尿、腰痛を伴うこともある

熱実 猪苓湯

熱虚 五淋散

体力低下・抵抗力低下が顕著な場合
六味丸+茵陳五苓散    腎虚
補中益気湯+茵陳五苓散  気虚
十全大補湯+茵陳五苓散  気血両虚

心熱下注小腸  寝付きが悪い、夢が多い、焦燥、じっとしていられない、動悸、口渇、尿意切迫、排尿痛、血尿、濃い尿
実 黄連解毒湯+茵陳五苓散
虚 清暑益気湯

肝胆湿熱  胸脇部の張り、イライラして怒りっぽい、尿が濃い
実 竜胆瀉肝湯
虚 柴苓湯

膀胱炎でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す