人参

人参(にんじん)

基源 ウコギ科オタネニンジン

薬性 :温 補 潤 升 収

臓象 :脾土

帰経 :肺 脾

効能:

1.大補元気

元気を大補して抵抗力を高める。

2.補気

(1)補気健脾

脾気虚の食欲不振・食事量の減少・泥状〜水様便・元気がない・疲れやすい等の症状に用いる。

(2)補肺益気

息切れ・動作時の呼吸困難・慢性の咳など

(3)補心気・安神

心気虚の脈結代・頻脈・動悸・不安感・寝付きが悪いなどの症状に用いる。

(4)補肝気

肝気を補い、生津の効能により柔肝を補助する。肝気虚のやる気が出ない・疲れやすい・ゆううつ・胸脇部が張って苦しい・筋肉のひきつり・しびれ感などに用いる。

(5)補気升提

気虚下陥の内臓下垂・子宮脱・脱肛・起立性失調などのアトニー症状に用いる。

3.補気生津・止渇

体液を滋潤して口渇を止める。

全身倦怠感・口渇・皮膚の乾燥・舌の乾燥など津虚を改善する。

4.その他

(1)補気摂血

気虚の慢性・反復性出血に用いる。

(2)補気生血

血虚に補血薬の補佐として用いる。

使用上の注意

・肝陽上亢、心肝火旺には禁忌

・気虚を伴わない湿証には禁忌

・湿熱には禁忌

・熱証には気津両傷が見られる場合以外は使用しない。

・長期間連用すると、頭痛・不眠・動悸・血圧上昇・浮腫などをきたすことがある。

コメントを残す