花粉症に効く漢方薬

漢方薬による花粉症へのアプローチには二通りあると思います。本来であれば病気の原因を探求し、本を求めることが漢方治療、中医学のあり方です。花粉症に対してもそうしたアプローチが出来ます。ただ、ここではあえてアレルギー性鼻炎と言わずに花粉症としています。スギ花粉などの代表される季節性の花粉症の場合は、漢方本来の根治を目指した治療を行おうとしても、季節が終わり症状が消えてしまえば治療目標を失い的確な効果の判定は非常に難しくなります。今回はちょうどスギ花粉の季節でもあり、症状の軽減に重点をおいた治療法を考えてみたいと思います。また、もう一つの根治を目指す方法はアレルギー性鼻炎の記事で説明したいと思います。
いずれにしましても、花粉症・アレルギー性鼻炎を中医学理論で説明すれば、人における水分代謝の流れである肺・脾・腎の連携の乱れによって起きている症状だと言えます。このメカニズムは喘息の場合もほぼ同じで秀峰堂中学研究所別館の方でも解説しています。先天的な要因も含めて脾や腎の働きの失調により、飲食により摂取した水分が正しく代謝されず肺から溢れでている症状が花粉症です。肺の症状は鼻に表れます。本治を求めるのであれば、脾や腎に対しての対応が必要になってきます。今回は肺の症状のみに重点をおいて、花粉症の漢方薬としてよく使われているものを中心に解説してみます。

花粉症の漢方薬として販売されているエキス剤(顆粒・錠剤)について
小青竜湯
代表的な花粉症の漢方薬ですが、うすい鼻水にはよく効きますが麻黄を含みますので長期間飲めません。最初の1週間程度の服用を限度にして下さい。
葛根湯加川芎辛夷
寒証で鼻づまりがメインで、麻黄が入るので長期間飲めないという現実的にはあまり使えない処方です。
苓甘姜味辛夏仁湯
OTCでは販売されてないかもしれませんが、小青竜湯から麻黄を抜いた処方ですから、効き目が少し落ちても長期間使える漢方薬です。
麗沢通気湯
鼻療という名前で建林松鶴堂から発売されていますが、寒証の花粉症には理想的な処方だと思います。
荊芥連翹湯
熱証向けのエキス剤で花粉症に効果がある薬は少ないですね。蓄膿症向けだと思います。
辛夷清肺湯
鼻づまりが熱証タイプの朱症状になるとおもいます。長期的にも飲めますので良い処方です。

 

花粉症の病態は本質的には水分代謝の問題ですが、症状にも個人差があり、人によっては目のかゆみしか訴えない場合もあれば、ずっと鼻水だけの人もいます。眼の赤み、痒みが強ければ肝気・肝陽に対する対応も必要になりますし、1日でティッシュ1箱を使ってしまうような場合は積極的に利水が必要になります。
目の痒みが強ければ抑肝散や加味逍遥散のような肝気を抑える漢方薬を、鼻水がひどければ五苓散や苓桂朮甘湯を併用するのもよいでしょう。

 

煎じ薬ならば基本形は次のようになるでしょう。
寒証
桂枝 黄耆 乾姜 甘草 辛夷 白芷 蒼朮 細辛
熱証
荊芥 防風 薄荷 蒼耳子 辛夷 細辛 白芷 牡丹皮

 

花粉症の症状でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す