葛根湯

葛根湯(かっこんとう)
原典:傷寒論
組成:葛根 麻黄 桂枝 芍薬 生姜 大棗 甘草
八綱弁証:表寒実 六淫:風 四傷: 六経:太陽病 温病論:衛分 三焦:上焦
方剤帰経:膀胱、肺
臓腑弁証:肺寒
治法:辛温解表、舒筋
適応症:感冒、インフルエンザ、鼻炎、副鼻腔炎、頭痛、肩こり、五十肩、頸肩腕症候群、三叉神経痛


薬局・ドラッグストアで葛根湯をお求めの場合は参考にして下さい!
ドラッグストアで買える漢方薬


OTC漢方薬エキス剤の効能効果:体力中等度以上のものの次の諸症:感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み

医療用漢方エキス剤の効能効果:自然発汗がなく頭痛、発熱、悪寒、肩こり等を伴う比較的体力のあるものの次の諸症:感冒、鼻かぜ、熱性疾患の初期、炎症性疾患(結膜炎、角膜炎、中耳炎、扁桃腺炎、乳腺炎、リンパ腺炎)、肩こり、上半身の神経痛、じんましん

解説:感冒、インフルエンザの初期段階における悪寒、発熱、項背部のこわばりを対症とし、膀胱経は一番外側の生体防御システムであり、寒邪、風邪の侵襲を受けた際に用いる方である。
主剤は桂枝、麻黄で、桂枝の温性、麻黄の泻性。葛根の発汗作用は強いものではないが、桂枝・麻黄とともに作用することで表に鬱した邪を発散し解熱させる。
あくまで急性期にのみ用いる方剤で、肩こり、頭痛などに用いるとしても一時的な頓用、あるいは数日のとどめて長期間用いるべきではない。胃腸障害や心悸亢進、虚弱者に用いれば体力的な衰弱も招きかねない。くれぐれもメディアによる誤ったイメージやインチキ医者の言葉に惑わされないで欲しい。

風邪の症状でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す