黄連湯

黄連湯(おうれんとう)
出典:傷寒論
組成:黄連 乾姜 人参 半夏 大棗 甘草、桂枝
八綱弁証:裏熱虚 六淫:風 四傷:鬱 六経:陽明病 温病論:気分 三焦:中焦
方剤帰経:胃、小腸・三焦・大腸
臓腑弁証:脾胃不和
治法:寒熱平調、和胃降逆
適応症:急性胃腸炎、胃酸過多症、二日酔い、口内炎

OTC効能効果:胃部の停滞感や重圧感,食欲不振のあるものの次の諸症:急性胃炎,二日酔,口内炎

医療用効能効果:胃部の停滞感や重圧感、食欲不振のあるものの次の諸症:急性胃炎、二日酔、口内炎

解説:同じく乾参芩連湯からの変方と考えられる半夏瀉心湯とそっくりな処方であり、効能も胃腸炎・二日酔い・口内炎などで、ほとんど一緒です。臓腑弁証においても脾胃不和と言う胃部がすっきりせず鈍痛もあり、食べたものがなかなか消化せず、げっぷが出たりしゃっくりが出たりします。半夏瀉心湯は黄連、黄芩が主剤であり、八綱弁証でも矛盾なく熱虚証用の方剤です。黄連湯は少し変わった方剤で、理論的には熱虚証用方剤ですが、上熱下寒、つまり寒熱夾雑の状態に用いる方剤です。胸焼けやげっぷ、嘔気などの熱証的所見がありながらお腹が冷え下痢するという寒証的な症状も同時に起きている状態です。半夏瀉心湯を用いる下痢は湿熱でありベタベタしたスッキリしない下痢で、黄連湯を用いる場合は寒証の下痢ですので、緩くて腹痛を伴うものです。OTC販売されている黄連湯はあまりないのですが、半夏瀉心湯に桂枝人参湯、腹痛があるのなら半夏瀉心湯に桂枝湯を少し加える事で同じ効果が得られるでしょう。
胃腸の症状でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す