胆嚢炎に効く漢方薬

胆嚢炎、胆管炎(胆石症)

胆嚢炎は胆管の胆汁うっ滞や血流障害に2次的な最近感染が起こり発症します。ほとんどは胆嚢結石に起因しています。
症状としては右季肋部の痛み、右肩の痛み、背中の右側の痛み、吐気、発熱、黄疸などがあります。

弁証

八綱弁証

熱証がほとんどで、熱実証・熱虚証どちらもあります。
寒証は急性的な胆嚢炎ではなく、慢性的なもの、あるいは胆石の痛み症状だけの場合になります。

病位

胆経から脾経まで、重症度には幅があります。

臓腑弁証

肝胆湿熱

湿熱の邪によって肝胆の疏泄作用が障害された病態
ウイルスや細菌感染・刺激物の過剰摂取・飲酒あるいは美食の習慣等による
肝胆湿熱は容易に脾胃に影響し、湿熱阻滞脾胃をともなう

主症状
胸脇部の張った痛み及び圧痛・口が苦い・口渇があるが水分を欲しない・呑酸・悪心・嘔吐・腹部膨満感・食欲不振・四肢がだるい・イライラして怒りっぽい・尿が濃い・便秘あるいは軟便ですっきり出ない
黄疸・発熱。悪臭のある黄色帯下・外陰部の掻痒舌質は紅・舌苔は黄膩・脈は弦数

論治
清熱利湿・疏肝利胆

湿熱阻滞脾胃

湿熱の邪による脾胃の障害である。湿困脾胃の症候とともに熱証が見られる事が特徴で、胃腸障害・水分代謝障害に炎症を伴うものと考えられる。病邪の感染・脂っこいものや美食の摂取過多・酒の嗜好などによって発生する。

食べたくない・油ものや臭いで嘔気がする・上腹部のつかえや膨満感・上腹部痛・口が粘る・口が苦い・口渇はあるが水分は欲しくない・身体がだるく重い・尿が濃い・下痢などの症候がある。舌質は紅 黄膩苔
全身に鮮黄色の黄疸が発生することもあり、皮膚の掻痒をともなう。発熱が見られることも多く、熱型は起伏して長期間つづき、汗が出ても解熱しない。

治法
清熱利湿


 


処方例

エキス剤では熱実証なら茵蔯蒿湯、熱虚証なら茵陳五苓散が基本となります。
本質である肝胆湿熱を取り除くことが出来ますが、実際には強い痛みを伴う場合が多いので、
熱実証には大柴胡湯+茵蔯蒿湯
熱虚証には柴胡桂枝湯+茵陳五苓散が基本となります。

寒証の胆石痛には桂枝加芍薬湯または安中散で良いでしょう。

熱実証

柴胡6黄芩3枳実2赤芍6大黄2山梔子4茵陳蒿8沢泻4車前子4牛膝3甘草2

熱虚証

茵陳蒿8沢泻4猪苓4茯苓4蒼朮4芍薬6桂枝4甘草2木香2枳穀2柴胡4

 

胆嚢炎・胆石でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中医学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す