黄連解毒湯

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

出典:外台秘要
組成:黄芩 黄連 黄柏 山梔子
八綱弁証:裏熱実 六淫:火 四傷:痰 六経:陽明病 温病論:気分 三焦:中焦
方剤帰経:胃 小腸 三焦 大腸
臓腑弁証:心火旺 血熱妄行 湿熱 胃熱
治法:清心泻火 清熱化湿 解毒止血
適応症:暑熱性病、鼻出血、吐血、痔出血、脳充血、高血圧症、表層性胃炎、精神不安、口腔内の炎症、皮膚炎、化膿性炎症

 


薬局・ドラッグストアで黄連解毒湯をお求めの場合は参考にして下さい!
ドラッグストアで買える漢方薬


 

OTC効能効果=体力中等度以上で、のぼせぎみで顔色赤く、いらいらして落ち着かない傾向のあるものの次の諸症:鼻出血、不眠症、神経症、胃炎、二日酔、血の道症、めまい、動悸、 更年期障害、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ、口内炎

医療用効能効果=比較的体力があり、のぼせぎみで顔色赤く、いらいらする傾向のある次の諸症:鼻出血、高血圧、不眠症、ノイローゼ、胃炎、二日酔、血の道症、めまい、動悸、湿疹・皮膚炎、皮膚掻痒症

解説:一言で言えば熱を冷ます薬です。熱と言っても風邪の発熱のように体温計で測った熱ではなく、本人が熱いと感じる、見るからに熱そう、熱いことでなおさら悪くなっていく状態です。八綱弁証は熱実証であり、黄連解毒湯の治療対象となる熱は実熱、余分な熱が付いている、必要以上の熱生産が行われている状態で、積極的にこの熱を取り除かなければなりません。
熱実証の場合はほぼ実熱ですが、熱虚証の場合は積極的に冷やすべき実熱の場合と、直接冷やしてはいけない虚熱があるので注意が必要です。虚熱は陰虚に起因するものですので補陰補血が優先されます。黄連解毒湯は熱実証に用いる方剤ですが、熱虚証でも実熱であれば、エキス剤での治療においては本治のための方剤とともに併用することはよくあります。
病位としては上焦から中焦にかけての裏証ですが、表証及び下焦に黄連解毒湯の清熱効果は発揮します。幅広く手軽に使える方剤と言えます。ただし、八綱弁証を完全に理解した上で熱実証を原則に、熱虚証でも実熱の場合のみに用い、寒証には絶対に用いてはなりません。

治りにくい症状でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す