温経湯

温経湯(うんけいとう)

出典:金匱要略

組成:当帰、川芎、芍薬、人参、麦門冬、半夏、桂枝、生姜、呉茱萸、甘草、牡丹皮、阿膠

八綱弁証:裏寒虚 六淫:寒 四傷:血 六経:厥陰病 温病論:血分 三焦:下焦

方剤帰経:

臓腑弁証:下焦虚寒、血瘀、血虚

治法:温経散寒、活血化瘀、補血調経

 

 

薬局・ドラッグストアで温経湯をお求めの場合は参考にして下さい!
ドラッグストアで買える漢方薬

 

効能効果(OTC):体力中等度以下で、手足がほてり、唇がかわくものの次の諸症:月経不順、月経困難、こしけ(おりもの)、更年期障害、不眠、神経症、湿疹・皮膚炎、足腰の冷え、しもやけ、手あれ(手の湿疹・皮膚炎)

効能効果(医療用):手足がほてり、唇がかわくものの次の諸症:月経不順、月経困難、こしけ、更年期障害、不眠、神経症、湿疹、足腰の冷え、しもやけ

特徴
温経湯は基本的に婦人科型の症状に使われる事がほとんどです。
顕著な寒証。つまり冷えを強く感じる状態あるいは冷えることにより発症する病に用います。
冷えと同時に血虚、つまり血の不足、血の働きの悪さを伴い瘀血も生じています。また、燥証であることが温経湯を用いる重要な目安であり、似たような目的でよく使われる当帰芍薬散との大きな違いです。燥証は水分を保持できない状態で、その特徴として浮腫みなどはなく、肌がカサつき、おりものは少なく、生理は遅れがちで量も少なくなります。
温経湯を用いるポイントは、寒虚燥証ですので、冷えやすく疲れやすく乾きがちなことです。
冷えの症状でお悩みの方!
◎漢方ネット相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す