四診

弁証についてもう少し細かく説明していきます。
まず基本的な漢方の診察方法は四診(ししん)という4つの診察法で成り立ちます。
四診には望診(ぼうしん)、聞診(ぶんしん)、問診(もんしん)、切診(せっしん)があります。
すべて行うということではなく、優先順位に従い診断されます。

・望診:視覚による診察法です。
患者さんから見て取れる情報による診察で顔色や体型、動作、皮膚の状態、舌の状態、話し方、意識状態と言ったものです。

・聞診:聴覚・嗅覚により得られる情報による診察法、
声、呼吸音、咳の音、体臭、口臭、排泄物の臭いなど

・問診:患者さんとの対話により得た情報による診察
患者さんが訴えている症状、対話によって聞き出された情報。例えば食べ物の好みなど

・切診:触覚による診察法
脈診、腹診をはじめ、触れることによって知り得た情報。
優先順位としては望診から聞診、問診、切診の順に低くなります。
望診で下った診断は聞診より優先されます。
ですから、望→聞→問→切の順に診察が進められると言うことです。
体全体は部分より優先し、体の上部から得た情報は下部より優先されます。
日本漢方では腹診が重視されますが、診断法の優先順位としては低く、誤治を招いているケースが少なくないと思っています。
一方、中医学では舌診が重要視され、脈診で最終確認をするのが基本的かと思います。

 

 

慢性的な症状でお悩みの方!
◎漢方ネット相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

 

コメントを残す