瘀血について

瘀血を一言で言ってしまえば、古い血・悪い血であって、
人体にとって生理的な有益性を失った血液であり、血液の役割としてだけではなく他の生理機能にも悪影響を与える血液・血流に関係する病証といえます。

以下は『中医学入門』(神戸中医学研究所)の記述をまとめたものです。
何らかの原因による循環障害で滞った血流状態に生じた病理産物的な血液あるいは状態を瘀血と言い、瘀血 により引き起こされた病証を血瘀という。 血瘀を引き起こす原因としては、外傷(打撲・ねんざ・切創・手術などによる内出血・血腫・癒着・瘢痕)、 寒凝(寒冷による血管の収縮・血液凝固・血栓)、熱盛、血熱盲行、湿滞・痰飲・水腫(外面からの圧迫に よる血行阻害)、気滞、気虚・陽虚(気の推動作用の不調による血流停滞)、気不摂血(脈管から血が漏出 した内出血)、血虚・陰虚、難経の血(内出血・出産・月経・流早産)などが考えられる。

主症状
顔がどす黒い・皮膚に艶がない・色素沈着・小血管の拡張・くも状血管腫・腹壁静脈の怒張・静脈瘤・口唇
や舌が紫色・舌に瘀班や瘀点・舌下静脈の拡張や紫暗色。
頭痛・肩こり・健忘・寝付きや寝起きが悪い・口は乾くが水分は欲しない・冷えのぼせ・便秘あるいは便の
回数が多い・便が黒い。
月経痛・月経の遅れ・月経血が暗黒色で凝塊が混ざる・無月経

瘀血の症状でお悩みの方!
◎漢方ネット相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す