胃苓湯

胃苓湯(いれいとう)

出典:万病回春

組成:厚朴、蒼朮、陳皮、生姜、大棗、甘草、沢泻、茯苓、猪苓、白朮、桂枝

八綱弁証:裏熱虚 六淫:湿 四傷:痰 六経:太陰病 温病論:営分 三焦:中焦

方剤帰経:

臓腑弁証:寒湿困脾

治法:健脾燥湿、利水止泻

 

薬局・ドラッグストアで胃苓湯をお求めの場合は参考にして下さい!
ドラッグストアで買える漢方薬

 

効能効果(OTC漢方薬):体力中等度で、水様性の下痢、嘔吐があり、口渇、尿量減少を伴うものの次の諸症:食あたり、暑気あたり、冷え腹、急性胃腸炎、腹痛

効能効果(医療用):水瀉性の下痢、嘔吐があり、口渇、尿量減少を伴う次の諸症、食あたり、暑気あたり、冷え腹、急性胃腸炎、腹痛

 

 

特徴:五苓散に厚朴と陳皮・甘草を加えた方剤です。
厚朴、陳皮の理気・降気作用により嘔気・嘔吐を抑える効果が五苓散より増している。
飲食後すぐに嘔吐あるいは吐き気が強まり、水のような下痢を繰り返し、口渇、尿量減少、むくみなどを伴っている状態に効きます。
感染性胃腸炎や二日酔いが胃苓湯を用いる典型的な状態でしょう。

胃腸の症状でお悩みの方!
◎漢方ネット相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す