茵蔯蒿湯

茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)

出典:傷寒論

組成:茵蔯蒿、梔子、大黄

八綱弁証:裏熱実 六淫:湿 四傷:鬱 六経:陽明病 温病論:営分 三焦:中焦

方剤帰経:

臓腑弁証:肝脾湿熱

治法:清熱利湿、瀉下退黄

 

薬局・ドラッグストアで茵蔯蒿湯をお求めの場合は参考にして下さい!
ドラッグストアで買える漢方薬

 

効能効果(OTC):口渇があり、尿量少なく、便秘するものの次の諸症:じんましん、口内炎

効能効果(医療用):尿量減少、やゝ便秘がちで比較的体力のあるものの次の諸症、黄疸、肝硬変症、ネフローゼ、じんましん、口内炎

特徴:中焦の湿熱を取り除く 湿熱を除くには清熱と利水の優先順位を考慮しないとならない 本方は清熱の効能によって湿熱を排泄させる

解説:無汗で小便が出ず黄疸のある疾患に用いる処方

もともとは黄疸の薬ですが、日常的な用途としては蕁麻疹でしょうか、

普段から便秘がち、あるいは急激な便秘があって、喉が渇き浮腫があるような状態での蕁麻疹を治します。

かなり体を冷やす薬なので、冷え性気味・食欲のない人は飲まないようにして下さい。

 

長引く症状でお悩みの方!
◎漢方ネット相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す