越婢加朮湯

越婢加朮湯 (えっぴかじゅつとう)
出典:金匱要略
組成:麻黄、石膏、蒼朮、生姜、大棗、甘草
八綱弁証:表熱実 六淫:湿 四傷:痰 六経:太陽病 温病論:営分 三焦:上焦
方剤帰経:膀胱、肺
臓腑弁証:湿熱犯肺、風水相博
治法:疏風宣肺、利水
適応症:腎炎、ネフローゼ、脚気、湿疹、蕁麻疹、関節炎、急性の神経炎、頭痛

 

薬局・ドラッグストアで越婢加朮湯をお求めの場合は参考にして下さい!

ドラッグストアで買える漢方薬

 

特徴:八綱弁証では表熱実証です。つまり不要な取り除くべき熱を持った急性症状です。膀胱経・肺経に帰経しますから、風邪の発熱や気管症状から手足の痛み症状まで幅広く効果があります。ただし、麻黄、石膏主剤の方剤特性として急性症状だけに数日間の使用に限るべきです。漫然と続けるような処方ではありません。

越婢加朮湯はその名の通り越婢湯に朮(蒼朮)が加わった処方です。越婢湯は風邪や咳に使う麻黄湯の熱証版と言えます。朮は代表的な利水剤で、不要な水を追い出してくれる作用を持ちます。つまり風邪で言えば鼻水や痰などが不要な水によって起きている症状です。ただ、熱証の鼻水や痰は、濃くて粘りの強いものになりますので利水剤の対症にはならない場合が殆どでしょう。実際にはネフローゼのような浮腫みとして症状が現れる疾患、急性心不全なども考えられますが、日常的な対症としては関節炎の痛みです。よく言う膝に水が貯まると言った状態の急性憎悪期です。膝に限ったことではありませんが急に腫れあがり患部が熱を持っているような状態であれば越婢加朮湯が有効です。

急な関節痛などの症状でお困りの方!
◎漢方ネット相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

コメントを残す