安中散

安中散(あんちゅうさん)

出典:和剤局方
組成:桂枝、延胡索、良姜、牡蠣、縮砂、茴香、甘草
八綱弁証:裏寒虚 六淫:寒 四傷:鬱 六経:大陰病 温病論:気分 三焦:中焦
方剤帰経:胃・小腸・三焦・大腸
臓腑弁証:胃寒痛
治法:温中散寒、止痛

薬局・ドラッグストアで安中散をお求めの場合は参考にして下さい!
ドラッグストアで買える漢方薬

効能・効果:〈OTC漢方薬〉体力中等度以下で、腹部は力がなくて、胃痛又は腹痛があって、ときに胸やけや、げっぷ、胃もたれ、食欲不振、はきけ、嘔吐などを伴うものの次の諸症:神経性胃炎、慢性胃炎、胃腸虚弱

効能・効果:〈医療用漢方薬〉せ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、胃痛または腹痛があって、ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、はきけなどを伴う次の諸症:神経性胃炎、慢性胃炎、胃アトニー

安中散を使うポイントは
・安中散は胃痛の薬です。

・胃が冷えて痛んでいる場合に効果がありますので食欲亢進は全くない、胃痛とともに食欲がない事が第一条件になります。

・安中散が効くのは急性から亜急性の段階ですので、栄養障害・体重が減っていたりすることがない状態です。

・必ず温かい飲みもので服用する。エキス顆粒の場合はお湯に溶かして飲むとより効果的。

・栄養障害が見られる場合は六君子湯のような人参湯からの派生方剤を使います。

・二日酔いの予防にはなりません。

胃腸の症状でお悩みの方!
◎漢方ネット相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

Post navigation

コメントを残す